'; ?> 日本のアンモナイトの歴史と博物館たち

日本のアンモナイト発見〜その歴史と博物館たち

アンモナイトとは?

岐阜県・浅見化石コレクション

アンモナイトは、化石として非常に多く目にすることができます。
これは当時、世界のかなり広い地域で栄えており、また個体数も多かったことを示しています。

 

アンモナイト類は、絶滅した軟体動物頭足類の1グループに属します。

 

古生代中ごろのシルル紀にあらわれ、デボン紀以降発展し、中生代の終わりの白亜紀末に絶滅するまで、世界の海洋に栄えました。

 

それに加えて、アンモナイトは年代によって殻の形に特徴的な違いがみられます。それを※示準化石として利用して、デボン紀から白亜紀までの地質年代の決定に用いられます。

※ 示準化石=その化石の含まれる地層が堆積した地質時代を特定できる化石

 

また、地質時代のアンモナイトの種類ごとの分布を明らかにすることで、当時のそれぞれの大陸の様子を復元することにも役立ちます。

 

ところで、オウムガイは、現在生きている軟体動物の中でアンモナイトにもっとも近い仲間であるといわれてきました。そのオウムガイは、5億年以上も前の古生代はじめのカンブリア紀に現れ、古生代の海で栄えました。アンモナイトは、古生代中ごろのシルル紀にオウムガイから分かれて現れています。

 

オウムガイは、当初、直角貝とも呼ばれる真っすぐな角のような細長い円錐形でしたが、デボン紀ころから渦巻き状に巻いたものが現れ、アンモナイトも渦巻き状に進化してきました。

 

オウムガイは、古生代末に急速に衰退していきましたが、今日なお「生きた化石」としてわずかに生き延びています。

 

一方アンモナイトは、多くの種類を増やし大繁栄したましたが、白亜紀末に絶滅して、今日では化石で姿を知られるようだけになってしまいました。

 

アンモナイトは、イカやタコとも似ています。似ているところは2点あります。

  1. 小型で球状の初期室をもつ (オウムガイはもたない)
  2. 7本の小さい歯からなる※歯舌をもつ。(オウムガイは9本)

※ 歯舌(しぜつ)= 軟体動物の多くが口の中に持つ硬い舌のような器官。ヒトの歯にあたる器官で、やすり状に食物を削り取って食べる。

 

アンモナイトは、オウムガイと姿が似ていますが、最近の研究では、むしろアンモナイトはイカやタコのような鞘形類の方がより近縁だともいわれています。


 
 

初めての方へ アンモナイトのある博物館 アンモナイトの進化 地質年代