'; ?> アンモナイトとオウムガイ

アンモナイトとオウムガイ

アンモナイトとオウムガイ

アンモナイトとオウムガイは、その格好が似ていることから、近い仲間と見らていましたが、最近の研究で、アンモナイトは、現代のむしろイカやタコに近いということがわかってきました。

 

それにしても似ているアンモナイトとオウムガイですが、殻の中をのぞいてみると、やはり違っているのです。

 

※ アンモナイトとオウムガイの違いを比べてみましょう。

体管の位置

縫合線全体の形

初期室の有無

アンモナイト

巻の外側である腹側の端

口に向かって凸型

オウムガイ

殻の真ん中

口に向かって凹型

アンモナイトやオウムガイは、殻の中に多くの空き部屋を作ります。

 

  • 部屋の壁⇒ 隔壁
  • 空き部屋⇒ 気房
  • 体は入っている最後の部屋⇒ 住房

住房と気房が細い管でつながっていて、
オウムガイは気房の中にガスを入れて浮力を調節しているようです。

 

アンモナイトとオウムガイの体の違い

最近の研究から、アンモナイトとオウムガイの基本的な違いは、
初期室の有無だといわれています。

 

サザエなどのような一般的な巻貝は、隔壁で仕切られた部屋はなく、巻きの手前から最後まで仕切りがないまま繋がっています。


初めての方へ アンモナイトのある博物館 アンモナイトの進化 地質年代