'; ?> ぎっくり腰(急性腰痛症)の治し方〜自分でストレッチ

自分で治すストレッチ〜ぎっくり腰(急性腰痛症)治療法

ぎっくり腰でも、治らなければ全額返金

治らなければ全額返金!!

 

推薦者も、全米の著名人=世界の著名人です。

 

ぎっくり腰治療はエゴスキュー

 

自信の裏打ちは、明快な理論です。

 

しかし、日本では、まだまだ科学的に証明できないのが腰痛です。

ぎっくり腰は、魔女の一撃!

ぎっくり腰 急性腰痛症

ギクッときた!!!欧米では魔女の一撃と呼んでいます。

 

強烈な痛みが伴いましたか?
痛めた場所は、腰のどこですか?

 

ぎっくり腰は以下の3点で起こります。

  • 仙腸関節の捻挫
  • 腰椎の損傷
  • 背筋や筋膜の損傷

 

はじめの数日間をうまく乗り切ることが大切です。

 

最初に無理すれば、
結局は痛みが増して、長く仕事や学校を休むことになります。

 

ぎっくり腰になったら「すぐ休む」という 勇気が必要です。

 

そして、直ぐに簡単なストレッチ体操を実践しましょう。
大げさですが、一日も早い社会復帰につながります。

 

ちなみに、管理人は1カ月棒に振ったことがあります(^^;;

 

当時は何十年も前ですから、人伝えに聞く治療法ばかりです。

 

現代は、インターネットでも様々な情報がありますが、本当の原因をしっかりと認識することです。


ぎっくり腰の原因は?

確かに痛める箇所は、上記の3箇所です。

 

しかし、本当の原因は腰回りの筋肉の疲労や筋力の劣化です。

 

毎日の生活を振り返ってみましょう。

  • 毎日デスクワークで腰回りの筋肉を殆ど使っていない。
  • 十分な休養が取れずに、疲労感が残っている。
  • 重いものを無理な姿勢で持ち上げようとした。

など、発症の数日間の状況を振り返り、いかがでしたでしょう。

 

当てはまる方は、根本治療が必要です。

深層筋と浅層筋

筋肉には、深層筋と表層筋があります。

 

その深層筋は、文字通り筋肉の表層筋からさらに深いところにある
骨に密着するようにある筋肉のことで、残念ながらマッサージなどでは十分な機能強化ができません。

 

つまり、深層筋が衰えたことが大きな原因です。

 

そして、深層筋を強化するには、自分で体を動かして刺激することが非常に大切です。

 

自分で動かすとは、ちゃんとストレッチ体操をするということです。

  1. 理論の明確さ
  2. 運動の簡単さ
  3. いつでもやれる
  4. どこでもやれる

その運動理論がエゴスキュー腰痛解決プログラムです。

 

早速、始めましょう!!

ぎっくり腰治療はエゴスキュー